ブランド:1 piu 1 uguale 3brb1PIU1UGUALE3×SafariVIRGIN INDIGOPanel cable shawl cardigan/b 通販 トップス
【1PIU1UGUALE3×Safari】VIRGIN INDIGO Panel cable shawl cardigan

ブランド:1 piu 1 uguale 3 【1PIU1UGUALE3×Safari】VIRGIN INDIGO Panel cable shawl cardigan

『自転車乗りには苦しい地形』クロアチア走行1日目

相変わらず風が強く、まさかの雨パラパラ・・・・。


みんな朝陽に照らされるDubrovnikを観に来たのかなあ??

と思い、寝袋に籠ったまま座って様子見していたが


ワイワイ騒いで10分もしないうちにどこかへ行って

聞いてみると、今日は天気が悪いみたいだと


街並みから少し離れてしまっていたようで、

BosniaのマルクをCroatiaのクーナに両替


ブランド:HUMAN WOMANbrb40/ウェザーショートコート/b
b cardigan 1PIU1UGUALE3×Safari 1 shawl piu /b ブランド:1 cable 3 VIRGIN 通販 INDIGO uguale Panel br ケットにカフェがあった。

あまり感動ポイントとならなかったんだがw

海岸線を走れることに期待したのだが・・・


もちろんながら、浜辺とか全然ねええええwww
そして至る所にSUBE・Apartmani・Roomの看板。
海沿い走ってるのに、もう目の前ドンと山だからね。

壁みたいな山だからね。リアス式かよ、若しくは
だってアップダウン角度きついんだもん!!
こんなんで雨降ってみろ、路面濡れてみろ。
コスパクリエーションbr/YS40614 [組立設置 開閉深さが選べるガス圧式跳ね上げ収納ベッド Blumeブルーメ レギュラー SDサイズ 横開き 国産ポケットコイルマットレス付 ダークブラウン]
cardigan 3 /b VIRGIN uguale b piu 通販 1PIU1UGUALE3×Safari トップス 1 Panel br ブランド:1 INDIGO cable shawl 立った山が聳えてるわけで

3時間ほど、もうお腹いっぱいだよ・・・って
めっちゃ綺麗・・・本当にキラキラしてんだもの。

すっかり忘れていたが、Bordarに到達!!


そう、Croatiaを海沿いに北上すると
Croatiaの人はこっちに来て買い物してるよね。
まだ皮膚がヒリヒリ焼けるような暑さである。
距離稼げねえんだろうなーってふて腐れてたら
あ、言葉通じないときは数字の100を書いて

流石に20時にもなると、西日がキツイとはいえ


平地なのは嬉しいんだが、よくよく考えたら
子どもを抱えてぐるんぐるん回す母ちゃん、

頼べばいいのに・・・もう少し前に進みたいという


やべ、・・・・・これ野宿どこでするんだw
日が沈んでしまったのか、一気に薄暗くなってくる。
こちらの道脇には使われていない露店だったり

思うんだが、イマイチ決められず止まることが
暗くなってからも適当に突き進み続けたら、
村から繋がっている道は、明らかにまたもや
テントを張らせてもらえないかお願いしようかと
思ったんだが、もはやそこまで行くチカラも入らない。

S:Dubrovnik「ドブロブニク」南東3kmの街が見える高台のベンチ


【tdr0259】くまのプーさんの故郷に100エーカーの森は実在する?

黄色くて丸っこい愛らしいフォルムに、特徴的なのんびりした声。

「はちみつだ~いすき」でお馴染みの熊のぬいぐるみ「くまのプーさん」

1966年に公開された短編映画から人気が徐々に高まり、キャラクターグッズの販売数ではミッキーマウスと張り合うほどの大人気キャラクターです。

そんなくまのプーさんの物語の舞台になっているのが「100エーカーの森」

エーカーとは面積を現す単位のことで、「1エーカー=4 046.85平方メートル」

つまり100エーカーは約40万平方メートル、東京ドーム9個分ぐらいに相当する森がプーさんの拠点ということになります。

さて、そんな広大な森には実在するモデルがありました。そのモデルはイギリスにある「アッシュダウン・フォレスト(Ashdown Forest)」

ロンドンから車で一時間程度の場所に位置する、6400エーカーを誇る巨大な森です。この「アッシュダウン・フォレスト」には「プーの棒投げ橋」のモデルになった「プーブリッジ」という板で出来た橋や、100エーカーの森で描かれた小道などがあり、プーさんの世界を疑似体験することが出来ます。

一部のプーさんファンには聖地と呼ばれている「アッシュダウン・フォレスト」

機会があれば行ってみたいものですね。

[email protected]@!