ブランド:NIXONbrbTHE RANGER 40 LEATHER/b 腕時計 NIXONWATCH 時計
THE RANGER 40 LEATHER

ブランド:NIXON THE RANGER 40 LEATHER

ロゴTシャツの着こなし何パターンありますか?

夏に1枚で着られるロゴTシャツは、誰もが1枚は持っているアイテムです。もちろん、寒い季節はインナーとしても活躍しますよね。

でも、ロゴTシャツって、ちょっと癖があるので、コーデがマンネリ化してしまったり、子供っぽくなってしまったり、という悩みを抱えるアイテムでもあるんです。

定番のロゴTシャツ×デニムやスキニーパンツのコーデはバランスも良く、簡単にカジュアルが完成するんですが、お気に入りのロゴTシャツだから、もっと幅広いコーデで着まわしたい…。

というわけで今回は、ロゴTシャツを着回すためのコーディネートをご紹介したいと思います。

カジュアルに着こなすも良し、大人っぽく合わせるも良し、ロゴTシャツでいろんな着こなしを楽しんでみましょう。

コーデ1.ロゴT×ガウチョでスポーティーカジュアル

ブランド:DRESSTERIORbrbSEAISLAND COTTON ワイドリブ プルオーバー/b

子供用レインウエアE5系はやぶさレインポンチョP-001(グリーン
時計 RANGER THE ブランド:NIXON 40 NIXON 腕時計 br LEATHER ニクソン /b NIXONWATCH b
ブランド:BLUE LABEL CRESTBRIDGEbrbビーバーメルトンロングコート/b
NIXONWATCH br ブランド:NIXON b LEATHER 40 時計 /b THE NIXON RANGER ニクソン 腕時計

今季のトレンドボトムスと言えばガウチョパンツですが、ロゴTシャツとの相性もピッタリです。

スニーカーやニット帽といったカジュアルな小物をプラスしても、ガウチョパンツのシルエットのおかげで、女性らしくまとまりますね。

シャツはざっくりフロントインでこなれ感を出すと、大人っぽい今時のカジュアルスタイルに。

応用スタイリングとしては、ボリューム抑え目で、シルエットに動きのあるチュールスカートも相性が良いですね。ガーリーが強いチュールスカートにロゴTシャツで、抜け感をプラスした旬な着こなしを作れます。

 


2013年6月13日木曜日@ドレスデン/5回目

ブランド:NAISSANCEbrbNAISSANCEネサーンス/ DRIVERS KNIT/b
ブランド:NIXON NIXON THE 40 通販 RANGER br 時計 LEATHER /b ニクソン b Dresdenのアルテ・マイスター絵画館Gemäldegalerie Alte Meisterで絵画鑑賞中です。次はドイツ絵画を見ます。この美術館はクラナッハの作品が充実していてsaraiは、大満足です。

まずはハウスブーフの画家の《ピエタ》です。1480年頃の作品です。この作者は1470年代から1500年にかけて、ライン川の中流地域で活躍したと思われる画家で、姓名不詳です。ドイツ南西部のヴォルフエック城に所蔵されていた家庭用祈祷書《ハウスブーフ》の作者であったことから、ハウスブーフの画家Hausbuchmeisterと呼ばれています。素朴ながら、力強い表現が印象深い作品です。

ブランド:GDCbrbCHECK NO COLLAR JACKET/b
クラナッハの作品群です。

ルーカス・クラナッハの《聖カタリナの殉教》です。1506年頃、クラナッハ34歳頃の作品です。1505年、ザクセン選帝侯のフリードリヒ賢明公はクラナッハをヴィッテンベルクWittenbergで宮廷画家として任じます。以来、クラナッハは3代のザクセン選帝侯に50年近く、仕えることになります。この作品は宮廷画家として、初めての大きな委嘱作品であり、初めての祭壇画でもありました。
次は18世紀に進み、スイス絵画を見ます。
最後はスペイン絵画を見ます。スペイン絵画ではムリリョの絵画が素晴らしいです。
ムリリョの《聖キアラ(聖クララ)の死》です。1645年から1646年頃、ムリリョ27~29歳頃の作品です。この作品はフランチェスコとともにフランチェスコ会派を起こした聖キアラの死の場面を描いたものです。アッシジの聖キアラ教会を訪問したときの感銘が蘇ってきます。

ムリリョの《聖母 ストアウェイ エアーライン カーキ
1670年から1680年頃、ムリリョ53~63歳頃の作品です。ムリリョ晩年の超名作ですね。美しいマリアに抱かれたかわいいキリスト。名だたる聖母子作品のなかでも光を放つ素晴らしい作品です。ムリリョの最高傑作と言っても過言でないでしょう。


ドレスデンのアルテ・マイスター絵画館は展示作品の数は多くはないのですが、素晴らしい作品が多く、とても楽しめました。


次はドレスデンに多く名品が所蔵されているというフリードリッヒの絵を見たいところですが、これはノイエ・マイスター絵画館のほうに展示されているので、明日、ゆっくりと鑑賞することにします。
[email protected]@!